青森きっての熱いハートの持ち主たちが日々送る奮闘記


by nonscafe69

山鯨アリマス

当社プロデュース店★

e0132147_22394344.jpeg

赤寅大百科さんより。


e0132147_22400552.jpeg


1月1日、2日限定🎍🎌




【山鯨と雲呑の江戸そば】880円


e0132147_22403455.jpeg


◎干支でもあるイノシシ肉を、あえてそのまま1枚1枚、じっくりと本格的な焼き台で焼きあげます。




◎イノシシの肉と昆布、椎茸、煮干しを合わせたスープです。




◎つるんと口当たりのよい雲呑。




◎お蕎麦屋さんが『つゆ』を作るのみに作られた醤油『そば膳』を使用。




ラーメンなんですが、正月らしくもあり、そして香りの良い【蕎麦】に近づけるようなスープにしました。




力強く、深みのある一杯




に仕上げました。




新春早々縁起のいい一杯です🍜


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


※山鯨とは...




江戸時代に入っても、獣肉食の禁忌は、上流階級を中心に「建前として」守られていた(薬として食されていた)。




一般庶民の間でも馬や鹿・イノシシなどの獣肉食は抑制的で、それらの肉を提供する料理やなどは、店の看板などに隠語を使って客を呼び込んでいました。


そしてその当時イノシシの肉を【山鯨】と呼んでいました。


e0132147_22410018.jpeg


by nonscafe69 | 2019-01-01 22:38